神奈川・横浜での任意売却支援ならリスタート株式会社 > CASE > リースバックでのお悩み解決事例紹介
BACK
CASE

リースバックでのお悩み解決事例紹介

みなさん、こんにちは。
任売却支援、リスタート株式会社の峯元です。

本日の話は、子供達のことを想い、ご夫婦それぞれの考えがぶつかってしまい、悩んでいらっしゃいましたが、その悩みをリースバックで、解決出来たというお話をご紹介します。

神奈川県横浜市青葉区に、家族四人で、お住まいの高田さんの事例をご紹介します。

高田さんのご主人は、世界の企業が得意先になるメーカーに勤めていました。高田さんの会社は大きな会社で、10年前は、世界で80%を占めるシェアを持っていました。ですが、中国企業にシェアを少しずつとられるようになり、現在では、インドやタイといった新興国にも、シェアをとられるようになりました。結果、シェアは30%を切るところまで、来てしまったとの事です。
そうなると、会社の売上も落ち込み、それにあわせて、給料も年々ダウンしていきました。

当初、組んでいた住宅ローンの返済スケジュールは、会社が景気のよいときに組んだものなので、給料が下がった今では支払いが厳しくなりました。

高田さんご夫婦は、子供達のことを考えると、家だけは守りたいという一心でした。お二人は、それぞれ、会社か終わればバイトに向かうなど、頑張られたのですが、返済の方がきつく、ローンを滞納してしまい、競売の申し立てを金融機関から受けました。

申し立てを受けたことにより、今後の方向性について、お二人の意見が食い違う事になります。ご主人は、家をあきらめて、家賃が安い賃貸住宅に移るという考えでした。理由は、夫婦二人とも仕事、仕事と、子供達と一緒にいる時間も減っている。それでは、本末転倒だという考えでした。
奥さんは、家に住み続けたい。理由は、子供達も学校を引っ越すことになれば、友達とも別れ、新しい学校で上手くやっていけるか心配だ。また、近所のお母さんたちに理由を聞かれたら、何て言えば良いのかわからないという考えです。

お2人とも子供の事を最優先に考えている内容でした。結果、リースバックで解決できた形は、任意売却で投資家の方に買ってもらい、前の住宅ローンよりも、支払が安くなる家賃設定になりました。

前より負担が少なくなるのであれば、バイトを減らすことが出来、ご主人が言っている子供たちの時間も作ることが出来ました。
奥さんの悩みは、今の家に住み続ける事が出来、何も問題ありません。

2人の悩みは解決され、4人で家に住み続ける事が出来ました。子供を思う気持ちは一緒です。リースバックで解決出来る事もあります。

任意売却支援
リスタート株式会社
無料相談:0120-508-802

 

横浜の任意売却は横浜オフィスにお任せください。