神奈川・横浜での任意売却支援ならリスタート株式会社 > CASE > 離婚とリースバックの事例紹介
BACK
CASE

離婚とリースバックの事例紹介

みなさん、こんにちは。
任売却支援、リスタート株式会社の峯元です。

今回のお話は、【離婚】と【リースバック】の事例です。

先日、ご相談いただいた横浜市港北区にお住いの山宮さん(仮名)は、ご夫婦お二人でいらっしゃいました。お話をお伺いすると、来月にも離婚をする予定とのこと。お2人にとって大切な決めごとになるので、調停で話し合いをつけることになりました。

お2人には、小学生と中学生の子供さんがいらっしゃいます。親権も奥様が持つことになり。他の決め事もスムーズに話し合いが持たれ問題はありませんでした。

ただ、一つ大きな問題があります。ご相談いただくみなさんそうですが、離婚の話し合いの際に問題になる大きなものがあります。
それは、【不動産】です。

財産分与の事があるので、いつも大きな問題になります。
※財産分与は,婚姻期間中に夫婦で築き上げた財産は、離婚の際に夫婦で分けて清算します。(民法768条1項)
と定めています。

今回のケースで言えば、ご主人は、現金化をして分けて清算をしたい。
お気持ちを聞くと、養育費の事もあるので、なるべく現金が欲しいという事です。

奥さんは、家を売って手放したくない。
お気持ちを聞くと、子供たちの学校区の事があるので引越しをさせたくない。売りたいご主人と、残したい奥様に分かれます。

こういう【離婚】の問題にも、【リースバックは】対応できます。

結果を先にお伝えすると、今も奥さんと子供さん2人は学校を変わることなく今の家に住み続けています。

概要を説明すると、毎月の住宅ローンの支払い額は月16万円。
マンションの市場価格は3,000万円です。
住宅ローンの残りが、2,000万円でした。

投資家の方に、2,000万円で買ってもらい、家賃12万円を払い賃貸契約をしています。【リースバック】を使って解決出来たそれぞれのメリットとしては、奥さんのメリットは、住み続ける事が出来る。
ご主人のメリットしては、現金化は出来ませんでしたが、住宅ローンの支払いより安い家賃設定に出来たため、養育費の軽減になったというところがありました。

リースバックは、様々な問題によって、それぞれの解決があります。離婚で不動産が大きな問題になった時は、リースバックを検討してみてはどうでしょうか。

任意売却支援
リスタート株式会社
無料相談:0120-508-802

 

横浜の任意売却は横浜オフィスにお任せください。