神奈川・横浜での任意売却支援ならリスタート株式会社 > CASE > 管理費滞納で競売申し立て
BACK
CASE

管理費滞納で競売申し立て

みなさん、こんにちは。任意売却支援、リスタート株式会社の峯元です。

本日は、管理費滞納をしてしまい、競売を申し立てられたお話です。
神奈川県茅ヶ崎市にお住まいの永田さんの事例です。

永田さんは、ご家族4人でマンションにお住まいです。
息子さん二人を、私立の高校と大学に通わせる事になり、その頃から、生活費の出費が多くなってきたという事でした。

毎月、頑張っていらっしゃったのですか、少しずつ住宅ローンの支払いが、遅れがちになりました。

支払いを滞ると、支払日の次の日の朝には、銀行から連絡が入りました。

同じ頃から、管理費の滞納もありましたが、同じマンションの住民ということもあり、銀行のような催促はありませんでした。

ですが、半年も滞納を続けると、管理組合もそのままにする事も出来ず、本格的に、管理組合から催促されたときは、60万円以上の滞納がありました。

一括で支払うのは難しいので、分割での支払いにしてもらいましたが、どうしても出費が重なり支払うことが出来ませんでした。

その後、管理組合から、競売の申し立てをされる事になりました。
いざ、競売の申し立てをされると、返済する費用は膨らみます。

①管理費、修繕費用の滞納金
②競売申し立て費用(70万円~100万円)
③弁護士費用(30万円~50万円) 

こうなってしまうと、ますます支払いが困難になります。

一番、良いのは、住宅ローンの支払いなとが遅れがちになってきたときに、連絡いただけることが一番良い方法ですが、永田さんのように競売を申し立てられた後でも、競売を回避して、そのまま家に住み続ける事ができるリースバックという方法があります。

また、住み続けなくても、手元に資金を残してお引っ越し出来る方法もあります。

まずは、どの状況に置いても、一度ご相談ください。
最適な選択をご提案させていただきます。

 

任意売却支援
リスタート株式会社
無料相談:0120-508-802

 

横浜の任意売却は横浜オフィスにお任せください。